プロフィール

ブログ書いてる人間はinui。
妙齢(自称)の女性。
所持DollはKid Delf Girl KIWI。
韓国Dollですので、苦手な人はご注意下さい。


カテゴリー


最近の記事


無意味にカウンタ




ひっそりゲーム

ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド2

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
母がしょんぼりしながら、「お母さん、今年はダメだ…」と呟きまして。
何かと思って理由を聞いてみたら、腹を見せられました。

「おへそにも癌できてたみたい…」

確かに、母の言うとおりにへそに何か茶色い小指の爪くらいの大きさの物体があります。
それは手術前に母の顔にあった癌に、非常に似ていました。

が。
母はそのすぐ前の検査にて、癌がきれいさっぱり消えている事を言われたばかり。何ヶ月か経ってれば癌が大きくなる事もあるでしょうが、そのサイズなら、検査の時にはすでにあったはずです。
なら、これは癌なワケがない。

病院へ行けとは言いましたが、落ち込むあまりに眠れなくなっている母のため、すぐにネットで検索。

すると、へその腫瘍は稀だとか、膿むとか苦しいとか書かれています。
母の状態とは違っています。やっぱり癌では無さそうです。

さらに調べていって、ついに全く同じ状態のものを発見。

えー…。




へ そ の ご ま だそうですよ。



小さな頃から「おへそいじっちゃいけません!」と言われて育っている人で、おへそが細長く窪んでいる、ちょっと太めのご婦人に多い現象とのこと。
まんま、うちの母です。(笑)

母に教えてあげたら、ホッとしたのか途端に大いびきでした。
その後ちゃんと病院に行ってはみたものの、やっぱり結果はへそのごま。(笑)

しかも話はそれだけで終わらず。

母が身の回りの友人にこの話をしたところ、なんと同じ状態の人が三人も見つかりました。全員「癌かしら」と悩んでいたそうです。おいおいおいおいおおい!(笑)
まあ、確かに母の友達は全員太めだけど!! おへそいじっちゃだめ世代だけど!!

そんなワケで、そんな世代のちょっと太めのママンをお持ちの方がいらっしゃいましたら、おへそチェックしてあげてください。
もしもゴマがあった場合、無理にとっちゃダメですよ。かさぶたみたいに皮膚にくっついてるそうなので。そのうちポロリととれるそうですから。(笑)
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。